映画『九十歳。何がめでたい』|大ヒット上映中!

あなたの悩みも一笑両断

国民的エッセイ誕生までの笑いと共感の痛快エンターテインメント!

\いちいちうるせぇ/
草笛光子 生誕九十年記念映画
半券キャンペーン
著名人からのコメント
半券キャンペーン
著名人からのコメント
INTRODUCTION
歯に衣着せぬ物言いで人気の直木賞作家・佐藤愛子。
昨年100歳を迎えた彼女のベストセラー・エッセイ集『九十歳。何がめでたい』
『九十八歳。戦いやまず日は暮れず』を原作に、90歳を迎えた草笛光子が、
エネルギッシュかつチャーミングに等身大の佐藤愛子を熱演し、映画化!
彼女を支える頑固な中年編集者・吉川真也役に唐沢寿明、愛子の娘・響子役に
真矢ミキ、さらに豪華キャストとゲストが多数登場!
映画『老後の資金がありません!』で老若男女の共感を呼んだ前田哲監督がメガホンをとり、
2024年No.1の笑いと共感の痛快エンターテイメントをお届けします!
STORY
断筆宣言をした90歳の作家・佐藤愛子(草笛光子)は、新聞やテレビをぼうっと眺める鬱々とした日々を過ごしていた。同じ家の2階に暮らす娘・響子(真矢ミキ)や孫・桃子(藤間爽子)には、愛子の孤独な気持ちは伝わらない。
同じ頃、大手出版社に勤める中年編集者・吉川真也(唐沢寿明)は、昭和気質なコミュニケーションがパワハラ、セクハラだと問題となり、謹慎処分に、妻や娘にも愛想を尽かされ、仕事にプライベートに悶々とする日々。
そんなある日、吉川の所属する編集部では愛子の連載エッセイ企画が持ち上がり、吉川が愛子を口説き落として、晴れて担当編集に!
このふたりの出会いが、新たな人生を切り開く――?!
キャスト
CAST
草笛光子(佐藤愛子役)
COMMENT & PROFILE
草笛光子(佐藤愛子役)
COMMENT
あっという間に90と言う数字が目の前にやってきました。
みなさんに「90歳おめでとうございます」と言われるので、私90歳?なんですよね?笑
毎日、老いと闘っていますが、90歳と闘ったら損。闘わないように受け入れて90歳を大事に生きてみようと思います。90歳は初めてで最後、大事な一年を大事に生きます。

そんな年に佐藤愛子先生を演じることになり、「まさか!とんでもないことになりました!」という想いです。
佐藤愛子先生の明快に物事をおっしゃる作品は、とても気持ちが良いと思っていましたので、そのリズムを軸にして演じたいと思っています。

いよいよクランクインを迎え、大変なことですが、私は私なりに正直に一生懸命やります。
大事に演じ大事に生きます。
PROFILE
1933年10月22日生まれ、神奈川県出身。50年松竹歌劇団に入団。「社長シリーズ」をはじめとする東宝喜劇に多数出演。58年から開始の音楽バラエティ「光子の窓」では自ら司会をつとめ人気を博す。日本ミュージカル界の草分け的存在で、「ラ・マンチャの男」「シカゴ」の日本初演に参加。市川崑監督と縁が深く、"横溝正史シリーズ“では『犬神家の一族』(76)を筆頭に全作に出演。映画、TVドラマの近作に『沈まぬ太陽』(10)、『武士の家計簿』(11)、『殿、利息でござる!』(16)、『ばぁちゃんロード』(18)、NHK大河ドラマ「真田丸」(16)、「まだ結婚できない男」(19/KTV)、『老後の資金がありません!』(21)、NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(22)、『次元大介』( 23)などがある。近年の舞台出演作に「新・6週間のダンスレッスン」(18)、「ドライビング・ミス・デイジー」(19)。著書に自分史「光子の扉を開けて」、「いつも私で生きていく」、「草笛光子のクローゼット」「草笛光子90歳のクローゼット」。連載コラム「きれいに生きましょうね」(週刊文春)、「草笛光子のありのままで」(婦人公論)も好評。1999年紫綬褒章受章、2005年旭日小授章受章。
唐沢寿明(吉川真也役)
COMMENT & PROFILE
唐沢寿明(吉川真也役)
COMMENT
草笛光子さんが主演を務められるということで、何か自分にできる事はないかと思い、出演を決めました。
この物語のモデルになった佐藤愛子先生は、はっきりものを言う方なのだろうと思います。
体裁を気にすることが多いこの世の中だからこそ、先生のような方が支持されるのではないでしょうか。
そして佐藤先生役を草笛さんが、非常にチャーミング且つエネルギッシュに演じられています。
その姿をぜひ劇場で、目に焼き付けてください。
PROFILE
1963年6月3日生まれ、東京都出身。87年に舞台「ボーイズレビュー・ステイゴールド」でデビュー後、NHK大河ドラマ「利家と まつ〜加賀百万石物語〜(02)や「マクベス」(01・02)など数々のドラマや舞台などで活躍。『おいしい結婚』(91)で映画デビュー。主な映画・TVドラマの出演作に『ラヂオの時間』(97)、「白い巨塔」(03/CX)、『嗤う伊右衛門』(04)、『20世紀少年』シリーズ( 08・09)、『イン・ザ・ヒーロー』(14)、「ルーズヴェルト・ゲーム」(14/TBS)、『杉原千畝 スギハラチウネ』(15)、「THE LAST COP/ラストコップ」(16/NTV)、「ボイス 110緊急指令室」(19・21/NTV)、NHK連続テレビ小説「エール」(20)、「24JAPAN」( 20/EX)、連続ドラマW 「 フィクサー」( 23/WOWOW)などがある。
藤間爽子(杉山桃子役)
COMMENT & PROFILE
藤間爽子(杉山桃子役)
COMMENT
映画『九十歳。何がめでたい』を皆さんに観て頂ける日が近づいてまいりました!
まだかまだかと、何よりもこの映画の公開を私自身が1番楽しみに待ちわびています。
私は佐藤愛子先生の孫、桃子として出演させて頂きました。
草笛さんの優しい眼差し、佇まい。そばに居るだけで、本当のおばあちゃんのそばにいるような温かい気持ちになり、カメラが回っているのに”演じる”ということを忘れる瞬間が何度もありました。
おばあちゃん、お母さん、そして孫。女3人の妙にリアルな距離感、関係性には、是非、笑って頂けたら嬉しいです。
暗いことが続くこのご時世…気持ちが沈むことも多いですが、この映画を観て、私のおばあちゃんから元気を貰ってください!
PROFILE
1994年8月3日生まれ、東京都出身。幼少期より祖母・初世家元藤間紫に師事し日本舞踊家として数々の舞台に立つ。21年には三代目藤間紫を襲名。また、劇団「阿佐ヶ谷スパイダース」に所属し、舞台「半神」(18)、「桜姫」(19)、「ハムレット」(23)などに出演。映画やTVドラマでもNHK連続テレビ小説「ひよっこ」(17)、「ちむどんどん」(22)、「マイファミリー」( 22/TBS)、「silent」(22/CX)、『大名倒産』(23)、NHK連続テレビ小説「ブギウギ」(23)、『夜明けのすべて』(24)などに出演し、活躍の場を広げている。
中島瑠菜(吉川美優役)
COMMENT & PROFILE
中島瑠菜(吉川美優役)
COMMENT
今回この作品に携わることができたこと、とても嬉しかったです。 初めは吉川美優をどう演じていくか不安でいっぱいでしたが、リハーサルの時、前田監督に「感じたことをそのまま出していけばいい」と言っていただけて、安心して撮影に挑むことができました。
美優を生きるために約2カ月間、モダンダンスを猛練習しました。
実はダンス経験はあまり無かったのですが、たくさんの方に支えていただき撮影を終えることができ、感謝でいっぱいです。
美優として、一歩前に進めて成長できたことが本当に幸せでした!
是非ダンスシーンも注目して観てもらえたら嬉しいです。
PROFILE
2006年10月10日生まれ。熊本県出身。21年に開催された松竹グループ大型オーディション「松竹JAPAN GP GIRLS CONTEST Supported by BookLive」で約1万人の中からグランプリを獲得。『なのに、千輝くんが甘すぎる。』(23)で映画初出演。ほか、『そこに光があるなら』(23)、『あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。』(23)、「グレイトギフト」(24/EX)、「ソロ活女子のススメ4」( 24/TX)、『鬼平犯科帳 血闘』(24)など活躍の幅を広げている。
木村多江(吉川麻里子役)
COMMENT & PROFILE
木村多江(吉川麻里子役)
COMMENT
以前草笛さんとご一緒したのはずいぶん前ですが、打ち上げで草笛さんが踊っていらして、私もこんな風に歳を重ねたい、と憧れの眼差しで眺めていたのを思い出します。ですから、今回のオファーはとても嬉しくて。ご一緒した草笛さんは変わらずきらきらして、ユーモアがあって可愛らしくて、カッコいい。この映画にはそんな草笛光子さんの魅力がいっぱい詰まってるんじゃないでしょうか。
そして前田哲監督の映画はいつも楽しく人を元気にしてくださるので、今からわくわくしています。この作品が、私を含め、みなさんの背中を押して明日への一歩となる日を楽しみに待っています。
PROFILE
1971年3月16日生まれ、東京都出身。映画初主演となった『ぐるりのこと。』(08)で日本アカデミー賞最優秀主演女優賞、ブルーリボン賞主演女優賞に輝く。主な映画・TVドラマ出演作に『ゼロの焦点』(09)、『東京島』(10)、NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」(16)、『ユリゴコロ』(17)、『あゝ、荒野』(17)、『グッドバイ〜嘘からはじまる人生喜劇〜』(20)、『一度死んでみた』(20)、『あなたの番です』シリーズ(19・21)、『前科者』(22)、NHK大河ドラマ「どうする家康」(23)などがある。本年は日英合作映画『コットンテール』、『映画 マイホームヒーロー』が公開。
真矢ミキ(杉山響子役)
COMMENT & PROFILE
真矢ミキ(杉山響子役)
COMMENT
歯に衣着せぬ物言いは今や、この令和の宝と思えてならない佐藤愛子さん。そのお嬢様、杉山響子さんの役が私に。
愛子さんを母にもつ響子さんは、そのDNAをしっかりと受け継がれた方なのか?
それともひっそりと控えながら長く支えられてきたのか? はたまた母娘の攻防が日々繰り広げられているのか?
兎に角美しき武士に(私のイメージでものを言わせて頂いております)育てられた響子さんに、そして佐藤家に想像が膨らんでは悩み、膨らんではしぼみの繰り返しでした。
そんな中、愛子さんの実のお孫さん、桃子さんが撮影現場にお顔を出してくださり、響子さんの著書とお手紙を私にプレゼントしてくださいました。内容は響子さんと私の秘密ですが、それはそれは温かくユーモアあふれ、お人柄が一瞬で見えるようでした。感謝。
こちらの草笛母も、それはそれは素敵です。そしてやはり美しき武士なのです。お楽しみください。
PROFILE
1964年1月31日生まれ、大阪府出身。 元宝塚歌劇団花組男役トップスター。1999年より俳優デビュー。主な出演作に、『踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』(03)、『ウタヒメ 彼女たちのスモーク・オン・ザ・ウォーター』(12)、『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』(12)、「奇跡のホスピス〜人生の“わすれもの”ってなんですか?〜」( 12/MBS)、「捜査地図の女」(12/EX)、「全力離婚相談」(15/NHK)、「黒蜥蜴」(15/KTV)、「下町ロケット」シリーズ(15・18/TBS)、「黒革の手帖」(17/EX)、「さくらの親子丼」シリーズ(17〜19/東海テレビ)、『Diner ダイナー』(19)、「どうする家康」(23/NHK)、『赤ずきん、旅の途中で死体と出会う。』(23/Netflix)「TOKYO VICESeason2」(24/WOWOW)などがある。
片岡千之介(水野秀一郎役)
COMMENT & PROFILE
片岡千之介(水野秀一郎役)
COMMENT
最近映像の作品にチャレンジをさせていただいている中で、本作のオファーはとても嬉しくて。撮影がとても楽しみでした。
脚本は心が温まる上に笑いもありで、幸せな気持ちになれて、老若男女が楽しめる作品だと思います。
水野は今どきの男の子、今どきの社会人という部分では吉川と面白い対比になるキャラクターだと思います。
現場では前田監督と草笛さんのお二人の特別な空気感のやりとりが面白かったです。唐沢さんはいつか共演させていただきたいと思っていた憧れの方だったので、それが叶ったのが嬉しかったです。気さくな方で、一緒にお芝居できている実感もありながら、まだちょっと夢のような感覚もあります。
良い意味で、強烈な個性のあるキャラクターに囲まれた面白い作品なので、いろんな方に見ていただいて、このハッピーな雰囲気をぜひ味わっていただければと思います。
PROFILE
2000年3月1日生まれ、東京都出身。青山学院大学在学中。祖父は人間国宝の片岡仁左衛門。04年、歌舞伎座にて4歳で初舞台を踏む。学業と歌舞伎を両立しながら、数々の舞台に出演する。11年には仁左衛門と戦後初の祖父、孫での「連獅子」を実現させ、12年、12歳から勉強会として自主公演「千之会」を主催するなど芸事への研鑽を積んでいる。17年にはペニンシュラ・パリにて歌舞伎舞踊を披露、また世界的写真家マリオテスティーノの被写体に抜擢されるなど、国内だけに留まらず、海外での活躍の場も広げ、様々なことにチャレンジし表現者として邁進しようとしている。最近では、歌舞伎だけでなく『メンドウな人々』(23)や、時代劇映画『橋ものがたり・約束』(24)において初主演を果たす。24年の待機作に『わたくしどもは。』などがある。
宮野真守(倉田拓也役)
COMMENT & PROFILE
宮野真守(倉田拓也役)
COMMENT
オファーを受けた時、びっくりしました。お話の内容を聞いた時に、唐沢さんの上司という事で、それってどんな役だ?恐れ多いなと思ったのですが、元々は後輩だけど出世して今は上司になる形で、なるほどと納得しました。唐沢さんと実写でご一緒できるって本当に心から嬉しかったので、出演できて良かったなと思っています。
監督ともすり合わせをしながら、現場を明るく楽しくをモットーに、社員のみんなが笑顔でいられるような現場作りをしている編集長の空気感は出せたと思っています。最初は緊張で硬くなってしまっていたのですが、唐沢さんが隙間の時間で常にいろいろなお話しをしてくれて。おかげで先輩後輩の空気感を構築できたので、演技には自然と入っていけました。
佐藤先生と吉川がぶつかり合いながらも、その想いを共有していって、人生を楽しむことの指針のようなものを見てる側にも気づかせてくれる温かい作品だと思います。その中で、僕も倉田として皆さんの印象に残るような参加の仕方ができればと思って全力で臨みました。
生きるとは大変だということをいろいろな形で示してくれますが、同時に生きるとは何て素敵なんだということにも気づかせてくれて、人生に温かく寄り添ってくれる言葉や思いをたくさんもらえる作品です。たくさんの方に観ていただきたいと思っております。
PROFILE
1983年6月8日生まれ、埼玉県出身。声優、俳優、歌手。7歳から劇団ひまわりに所属し、子役として活動を始める。2008年にシングル「Discovery 」でアーティストデビュー。近年は俳優としても活躍。主な出演作に「君の花になる」 (22/TBS)、「女神の教室〜リーガル青春白書〜」(23/CX)、NHK連続テレビ小説 「らんまん」(23)、『ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー』(23)マリオ役吹替などがある。
オダギリジョー(テレビの修理業者)
清水ミチコ(海藤ヨシコ)
LiLiCo(美容師)
石田ひかり(総合病院の窓口女性)
三谷幸喜(タクシー運転手)
スタッフ
STAFF
企画・プロデュース:岡田有正
COMMENT
2023年10月22日に90歳になられた松竹歌劇団出身の草笛光子さんが松竹の配給映画で初主演する。めでたい。今年は松竹で数々の名作を撮られた小津安二郎監督の生誕120年でもある。めでたい。前田哲監督と草笛光子さんとは映画「老後の資金がありません!」からのご縁で、また一緒に映画を作れるのは幸運でしかない。
原作は佐藤愛子先生の「九十歳。何がめでたい」。佐藤先生はなんと今年100歳になられる現役作家!なんともめでたい!名だたる監督達に愛され、年齢を重ねるたびに魅力的になられる草笛光子さんの姿を再びスクリーンで見ることができる喜びたるや。いや、本当にめでたい!めでたい映画になる予感しかしない。
今なお現役でチャレンジしている草笛光子さんの姿を、市川崑監督に見せたい。成瀬巳喜男監督に見て貰いたい。叶わぬ願いではあるが、同時代に生きている我々は見ることができる。すばらしいスタッフと豪華キャストが集結してくれています。2024年6月21日のめでたい公開をお楽しみに。
原作:佐藤愛子
COMMENT
草笛光子さんには50年ほど前に対談でお目にかかったことがあり、その際、お互い別れた夫の悪口を言って大いに盛り上がったのを覚えています。
今回、映画化にあたって、実に久し振りに二度お目にかかりましたが、相変わらずお綺麗で、私とはまるで違う。私はあんな上品じゃありませんからね。
この厄介な私を演じるなんて、大変だなァ、気の毒だなァと同情申し上げたい気持ちでいっぱいです。

九十歳を過ぎ、『晩鐘』という小説を書いた後は、もう私の胸の中にあるものを総ざらえで出し切ったと思って、毎日ぼんやり過ごしていたんですが、そんな時に女性セブンから連載エッセイの依頼がありました。
特に新しいことを考えて書いたわけでも、何か特別な思いを込めたものでもなく、相も変わらず憎まれ口を叩くという、そんな気分でしたかね。私はいつも自然体を心がけているだけです。

そんな『九十歳。何がめでたい』を原作にして、どんな妙ちくりんな作品が出来上がるのやらと楽しみにしています。
PROFILE
1923年生まれ。大阪府出身。甲南高等女学校卒業。69年『戦いすんで日が暮れて』で第61回直木賞、79年『幸福の絵』で第18回女流文学賞、2000年『血脈』の完成により第48回菊池寛賞、15年『晩鐘』で第25回紫式部文学賞を受賞。17年旭日小綬章を受章。昨年11月5日に100歳を迎えた。
監督:前田哲
COMMENT
原作者の佐藤愛子先生は仰いました。
「エッセイなんて映画にならないわよ」
それが、映画になります。
だからこそ、面白いのです。
とてつもないヒストリーとパワーを持っておられる佐藤愛子先生と主演の草笛光子さんによる「悲しみを喜びに、苦しみを楽しみ」に変えてしまう、ハートならぬハードウォーミングな作品を作り上げたいと思います。
生きて苦あり、笑えば幸あり。満足感と幸福感に満たされる。老いを楽しみ、幸せに日々を生き抜くヒント満載の映画です。
お楽しみにお待ちください。
PROFILE
東映東京撮影所での大道具のバイトから美術助手を経て、助監督となり、伊丹十三、滝田洋二郎、大森一樹、崔洋一、阪本順治、松岡錠司、周防正行らの作品に携わる。1998年に相米慎二監督のもと、『ポッキー坂恋物語 かわいい ひと』(98)で劇場映画デビュー。エンターテイメントに軸足を置きつつ、独自の視点や社会派題材を入れ込む作家性と、登場人物たちを魅力的に輝かせることで観客に届く作品に仕上げる職人気質を併せ持つ。主な作品は、『パコダテ人』(02)、『棒たおし!』(03)、『陽気なギャングが地球を回す』(06)、『ドルフィンブルー フジ、もういちど宙(そら)へ』(07)、『ブタがいた教室』(08)、『王様とボク』(12)、『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』(18)、『ぼくの好きな先生』(1 9)、『そして、バトンは渡された』(21)、『老後の資金がありません!』(21)など。23年には、『ロストケア』、『水は海に向かって流れる』、『大名倒産』が立て続けに公開。
脚本:大島里美
PROFILE
1977年11月16日生まれ。栃木県出身。早稲田大学第一文学部卒業。第16回フジテレビヤング賞で佳作受賞。「1リットルの涙」(05/CX)、第1回市川森一脚本賞を受賞した「恋するハエ女」(12/NHK)、「凪のお暇」(19/TBS)、「さよならマエストロ〜父と私のアパッシオナート〜」(24/TBS)など作品多数。脚本を手掛けた映画に『君と100回目の恋』(17)、『サヨナラまでの30分』(20)、『漁港の肉子ちゃん』(21)、『水は海に向かって流れる』(23)などがある。
音楽:富貴晴美
PROFILE
1985年生まれ。大阪府出身。作曲家・ピアニスト。国立音楽大学作曲専攻首席卒業。同大学院修了。2013年『わが母の記』で第36回日本アカデミー賞優秀音楽賞を最年少で受賞。その後第39回『日本のいちばん長い日』、第41回『関ケ原』で3度目の同賞を受賞。NHK連続テレビ小説「マッサン」(14)の音楽を担当後、大河ドラマ「西郷どん」(18)、映画『老後の資金がありません!』(21)、『そして、バトンは渡された』(21)、劇団四季オリジナルミュージカル「バケモノの子」、「ゴースト&レディ」、NHK連続テレビ小説「舞いあがれ!」(22〜23)など。
主題歌
THEME SONG
木村カエラ「チーズ」
(ELA / Victor Entertainment)
COMMENT
主題歌のお話を頂き、歌詞を書くために、台本や、本、映画を拝見した時に、とにかく先生にPUNK精神を感じてしまうのです。
佐藤愛子先生がかっこよすぎる。
その真っ直ぐで突進していく気持ちよさから、
軽快でかっこいい曲を作りたいと、すぐにそう思いました。
この映画は、世代を超えて愛される映画に間違いありません。
情報過多の時代、とてもシンプルに物事を考えられるヒントが沢山隠されています。
泣いたり笑ったり、人生そのものが詰まっています。
PROFILE
2004年06月 シングル「Level 42」でメジャーデビュー。
2013年06月 自身が代表を務めるプライベートレーベルELAを設立。
2014年06月 メジャーデビュー10周年を迎え、同年10月、横浜アリーナ2days公演を成功させた。
2018年04月 初の描き下ろし絵本「ねむとココロ」を出版。
2019年にはデビュー15周年を迎え、デビュー日の6月23日に日比谷野外音楽堂でアニバーサリー公演を開催。
2020年6月 初の日記エッセイ「NIKKI」を出版。
2022年、自身初となるビルボードライブツアーを約2年ぶりとなる有観客で開催。
2022年12月、約3年5ヶ月ぶりとなるフルアルバム「MAGNETIC」をリリース。
2023年5月、アルバムツアー「木村カエラ”WE ARE MAGNETIC”TOUR」を実施。
2023年10月サバイバルオーディション番組「PRODUCE 101 JAPAN THE GIRLS」の国民プロデューサー代表へ就任し大きな話題に。
2024年6月23日にはデビュー20周年を迎え、10月26日には約12年ぶり4度目となる日本武道館でのワンマンライブが決定!
メディア情報
MEDIA
草笛光子 唐沢寿明 / 藤間爽子 片岡千之助 中島瑠菜  オダギリジョー 清水ミチコ LiLiCo 宮野真守 石田ひかり 三谷幸喜 木村多江  真矢ミキ 企画・プロデュース:岡田有正 企画:古賀誠一 石塚慶生 プロデューサー:近藤あゆみ 山田大作 原作:佐藤愛子「九十歳。何がめでたい」「九十八歳。戦いやまず日は暮れず」(小学館刊) 監督:前田哲 脚本:大島里美 音楽:富貴晴美 主題歌:「チーズ」木村カエラ(ELA / Victor Entertainment) 撮影:山本英夫(J.S.C.) 照明:小野晃 録音:加藤大和 美術:安藤真人 装飾:松田光畝 衣裳:立花文乃 市原みちよ(草笛光子) ヘアメイク:宮内三千代 中田マリ子(草笛光子) 音楽プロデューサー:溝口大悟 笹原綾 編集:早野亮 サウンドエフェクト:小島彩(J.S.A) スクリプター:杉本友美 視覚効果:豊直康 助監督:久保朝洋 制作担当:田島啓次  製作:2024映画「九十歳。何がめでたい」製作委員会 制作プロダクション:スタジオブルー 配給:松竹 ©︎2024映画「九十歳。何がめでたい」製作委員会 ©︎佐藤愛子/小学館
原作公式サイトはこちら
映適