騙し絵の牙

credit

Introduction

崖っぷち出版社で生き残りをかけた仁義なき騙し合いバトル開幕!!
intro-1 intro-2

オールスターキャストで贈る
仁義なき騙し合いバトル!
最高に爽快な逆転連発
エンターテインメントが誕生!

ミステリー小説「罪の声」の著者・塩田武士が、俳優・大泉洋を主人公にあてがきし、2018年本屋大賞にランクインするなど、話題・評判ともに世間の注目を集めた、前代未聞のベストセラー小説「騙し絵の牙」(角川文庫/KADOKAWA刊)。崖っぷち出版社を舞台に描かれた本作が、ついに実写映画化!

オールスターキャストで贈る仁義なき騙し合いバトル!最高に爽快な逆転連発エンターテインメントが誕生!

主人公の雑誌編集長・速水役には、もちろん本作の主人公としてあてがきされた、国民的人気俳優の大泉洋。飄飄とした性格と軽妙なトークで親しみを感じさせ、誰にでも愛される“人たらし”である一方、速水が隠し持つ“牙”とは――。大泉本人の纏うイメージ通りの笑顔。その裏にとんでもない顔を持つ、今までに見たことのない新しいキャラクターに挑みます。

また、その速水の策略に巻きこまれていく新人編集者・高野役には、大泉と映画初共演の松岡茉優。雑誌廃刊を匂わせ、重役としての立場を使い大改革を裏で進める東松役に佐藤浩市。さらに、宮沢氷魚、池田エライザ、中村倫也、佐野史郎、木村佳乃、和田聰宏、坪倉由幸、斎藤工、塚本晋也、リリー・フランキー、小林聡美、國村隼など日本を代表する超豪華俳優陣が大集結。それぞれが得体のしれない、クセモノ揃いのキャラクターを見事に演じます。

監督は、『桐島、部活やめるってよ』で第36回日本アカデミー賞最優秀作品賞及び最優秀監督賞、『紙の月』で第38回日本アカデミー賞優秀監督賞を受賞した吉田大八。脚本は『天空の蜂』の楠野一郎と吉田監督による共同執筆。実力派クリエイターの手で、誰もが楽しめる本格エンターテインメント作品が完成しました。

崖っぷち出版社を舞台に繰り広げられる、仁義なき騙し合いバトル。
逆転に次ぐ逆転劇!どんでん返しのラスト!最後に笑うのは誰だ?!

大泉洋×吉田大八×オールスターキャストで贈る、
逆転連発エンターテインメントに、日本中が騙される!

intro-3 intro-4