公式サイトはこちら

NEWS

カテゴリー

3/25(木)実施『騙し絵の牙』公開前夜祭レポート

大手出版社を舞台に、それぞれの事情を抱えたクセモノたちが生き残りをかけた壮絶な騙し合いバトルを繰り広げる『騙し絵の牙』がついに、3月26日(金)全国公開!公開日前日となる25日には東京・丸の内ピカデリーで公開前夜祭舞台挨拶が行われ、主演の大泉洋、共演の松岡茉優、宮沢氷魚、池田エライザ、中村倫也、佐野史郎、木村佳乃、佐藤浩市、そして吉田大八監督が出席しました。

映画の内容にちなんで「自身のクセの強いところ」を告白トーク。
笑顔と牙を持つ男・速水輝役の大泉は「ずっと髪はくせっ毛だけれど、性格で言うとクセはなくてさっぱりしています」と意外な自己分析。池田から「クセモノ転がしですよね。クセモノを転がすのが上手」と褒められると、「確かにクセモノは嫌いではない。佐野さんや浩市さんはクセのある方でしたけれど、そういったベテランの方を怖がらないかもしれません」と満更ではないようす。

熱血すぎる新人編集者・高野恵役の松岡は、モーニング娘。好きとして知られていますが「それを熱弁すると気持ち悪がられてひかれる。でも好きなことは止められるものではないので…」とモーヲタぶりを改めて強調。
新人カリスマ作家・矢代聖役の宮沢は「洗剤などを買うと、使い切りたい消費欲が生れる。無駄遣いをするわけではないけれど、買ったらすぐにゼロにして、また買いたい。詰め替え用を買ったとして、それをいかに早くゼロにするか」と独特過ぎるクセを告白。大泉から理解不能だと呆れられると「…これは言っても伝わらないから」と苦笑いでした。

闇を持つモデル・城島咲役の池田は「クセというか危ないと思うのは、仕事に行く車の中ですでに帰るシミュレーションをしていること。みんなのことは大好きだけれど、病的に早く帰りたいと思う。その日最後のシーンを撮影している時は、すごく帰りたいと思っている。直帰したい」とせっかちすぎる性格を披露。クランクアップの際に大泉がスタッフに向けて挨拶をしていた際には「終わるかな?終わるかな?と思っていたけれど、大泉さんはいいコメントを言うので、その場が和んで帰りづらくなる」とぶっちゃけて、大泉から「今も私の話が長いと思っているだろう!?クセが強い!」とお墨付きを得ていました。

続いては「今までついたウソ」をテーマにトーク。これに創業家Jr.・伊庭惟高役の中村は「身長は168cmでしたが、プロフィールには170cmとなっています」と身長詐称を自ら暴露。ところが「人生初の人間ドックに行ったら、身長が実際に170cmになっていることがわかった。言霊です!」と今ではプロフィールの記載通りの身長だという。大泉から「結構なウソついたねえ。言霊の力で頑張れば、いつか180cmになれるかもよ?」と提案されると「60代くらいまでに180cmになれたらいい。タケノコ状態でずっと伸びたい」と言霊パワーに期待をかけていました。

文芸一筋の皮肉な保守派・宮藤和生役の佐野は、中村とは逆で「176cmと公表していますが、昨年1cm縮みました。原因は不明!」と報告。
速水と対立する冷徹な編集長・江波百合子役の木村は「エイプリルフールには家族全員で必ずウソをつく。娘にもウソをつきました」と欧米的感覚を明かすと、宮沢も「実は僕もそうです。去年も友達から“渋谷のハチ公が盗まれた”と連絡がきて、危うく騙されかけた」と回想。これに大泉は「私は言われたことはそのまま受け取るタイプだから、ハチ公前まで実際に見に行くなあ」とピュアな一面をのぞかせていました。

次期社長を狙う合理的な権力者・東松龍司役の佐藤は「僕はこう見えてシレっとウソをつく度胸も賢さもありません」と語り「親父(三國連太郎)はウソつきでしたが…僕はあまり嘘をつけるタイプではない」と笑わせました。
吉田監督は「大八という名前の由来について聞かれると、八人兄弟の末っ子と説明する。でもウソです。大体みんな信じる」と妙にリアルなウソをついているようでした。

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて公開が延期されていた本作も、ついに全国公開!
主演の大泉は「閉塞感のある時代ですが、そんな今だからこそ公開する意味がある。気持ちよくスカッとできるエンタメ映画なので、ストーリーに気持ち良く乗ってもらい、気持ちよく騙されてほしい」とPR。SNSでの口コミにも期待し「感想では“洋ちゃん良かった”だとファンが褒めていることになるので、“今まで大泉洋は好きではなかったけれど、今回は良かった”と書くと真実味が出ますよ」と感想の書き方まで指南すると、すかさず中村から「すげえクセがある!」とツッコまれ、場内大爆笑となりました。

戻る