GALLEY

映画『耳をすませば』

10.14 ROADSHOW

君を好きなまま、大人になりました。

イタリア=日本、10000km離れて追い続けた夢。ふたりの物語に、日本中がまた恋をする。

不朽の名作『耳をすませば』が実写映画化。
10年後の物語がいま、はじまる。
INTRODUCTION
1989年に少女まんが雑誌『りぼん』で連載された
不朽の名作『耳をすませば』。
1995年にはアニメーション映画が公開され、
今なお色褪せない青春映画の金字塔として、
映画史に刻まれています。
そして2022年、
まんが・アニメーション映画でも描かれた
中学生の甘酸っぱい青春時代はもちろん、
完全オリジナルの10年後の物語も加わって、
実写映画化。

大人になった月島雫を清野菜名が、
天沢聖司を松坂桃李がW主演で演じます。
監督・脚本はヒットメーカーの平川雄一朗。
この秋、
ふたたび新たな『耳をすませば』が誕生します。
STORY
読書が大好きで元気いっぱいな中学生の女の子・月島雫。
彼女は図書貸出カードでよく見かける、
ある名前が頭から離れなかった。
天沢聖司―――全部私よりも先に読んでる―――
どんなひとなんだろう。
あるきっかけで“最悪の出会い”を果たした二人だが、
聖司に大きな夢があることを知り、
次第に惹かれていく雫。
聖司に背中を押され、
雫も自分の夢を胸に抱くようになったが、
ある日聖司から夢を叶えるため
イタリアに渡ると打ち明けられ、
離れ離れになってもそれぞれの夢を追いかけ、
また必ず会おうと誓い合う。

それから10年の時が流れた、1998年。
雫は、児童書の編集者として
出版社で働きながら夢を追い続けていたが、
思うようにいかずもがいていた。
もう駄目なのかも知れない―――
そんな気持ちが大きくなる度に、
遠く離れたイタリアで奮闘する聖司を想い、
自分を奮い立たせていた。
一方の聖司も順風満帆ではなかった。
戸惑い、もどかしい日々を送っていたが、
聖司にとっての支えも同じく雫であった。
ある日、雫は仕事で大きなミスをしてしまい、
仕事か夢のどちらを取るか選択を迫られる。
答えを見つけに向かった先は―――。