テーラー 人生の仕立屋テーラー 人生の仕立て屋

世界に1着のオーダーメイドが幸せを運ぶ、極上の感動作

人生は測れないから面白い
ギリシャ最大の映画祭 3冠達成!
アテネで、紳士服一筋の仕立て屋。 店を飛び出した彼を待っていたのは、初めてのウェディングドレス!?

9/3(金)新宿ピカデリー、角川シネマ有楽町、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国公開

コメント
ムビチケ販売中
ミニシアターランキング第2位
  • 英國屋
  • DESTINY Line
  • ACQUA GRAZIE
  • 9/20(月・祝)開催!映画の舞台へ!ギリシャオンラインツアー
  • LA CITTADELLA
  • NEW

    60秒予告

  • 特報

INTRODUCTION

イントロダクション

崖っぷちの仕立て屋が思いついたのは、
“移動式テーラー仕立て屋”!?
青空の下、オーダーメイドのウェディングドレス
が幸せを運ぶ、極上の感動作

アテネで36年間、高級スーツの仕立て屋店を父と営んできた寡黙なニコス。だが不況で店は銀行に差し押さえられ、父は倒れてしまう。崖っぷちのニコスは店を飛び出し、手作りの移動式屋台で仕立て屋を始める。だが道端で高級スーツは全く売れず、商売は傾く一方・・・。そんな時、思いがけないオファーがくる。「ウェディングドレスは作れる?」これまで紳士服一筋だったニコス。思い切ってオーダーメイドのドレス作りを始めるが―!?

一歩を踏み出した生真面目な仕立て屋。彼が作る色とりどりのドレスが、新たな出会いと幸せを繋いでいく、希望溢れる感動作!

本国の映画祭で三冠達成太陽が降り注ぐギリシャの街角で、風になびく
美しいドレスがもう一つの主人公

本国ギリシャ最大のテッサロニキ国際映画祭でギリシャ国営放送協会賞、青年審査員賞、国際映画批評家連盟賞の三冠に輝き、イタリアのベルガモ・フィルム・ミーティングで最優秀監督賞と観客賞をW受賞、タリン・ブラックナイト映画祭、コスモラマ-トロンハイム国際映画祭、クリーブランド国際映画祭に正式出品されるなど、世界中の映画祭から喝采を浴びた話題作。

舞台は別名「太陽の国」と呼ばれる、ギリシャ。アテネの市街地や郊外、エーゲ海沿いなどの心躍る風景。そして楽しくにぎやかなギリシャの結婚式や活気に満ちた市場など、異国情緒あふれるシーンが垣間見え、まるでギリシャを旅したかのような気分を味わえる。

老舗テーラーを営むスーツ職人であるニコスの日常着はスリー・ピース・スーツ。足踏みミシン、天井から吊るされた裁ちばさみ、特注の型紙を操り、縫い目一つにまで完璧さを追求し、オーダーメイドで理想の一着を仕立ててきた。ある意味、時代遅れとも言えるその昔堅気なニコスが、新たに挑戦するのがまるで別世界のウェディングドレスだ。ウールからシルクに布地を変え、彼が創り出す個性的で細部にまでこだわった美しいドレスの数々が、本作のもう一つの主人公となっている。

次世代の“アキ・カウリスマキ”と期待される
新鋭女性監督の長編デビュー作!
往年の名作たちへの愛を込めた、ユニークかつ
オンリーワンな物語

監督・脚本を務めたのは次世代のアキ・カウリスマキとも期待される新鋭の女性監督、ソニア・リザ・ケンターマン。若くしてロンドンで映画製作や美術を学んだ経験を基に、バスター・キートン、ジャック・タチ、ジャン=ダニエル・ポレなど、往年の無声映画やフランス映画の巨匠たちの作品をヒントに、主人公のキャラクターや、スタイリッシュながらどこか懐かしい独特の映画スタイルを作り上げていった。

主演はギリシャで活躍する俳優、ディミトリス・イメロス。コミカルな表情や洗練されたセリフの間の取り方がまさにジャック・タチを彷彿させる、と評されているベテラン俳優だ。不器用に生きる主人公を丁寧に、かつユーモアたっぷりに演じ切った。

物語の節々に織り込まれるのは、厳しい社会情勢の中で懸命に生きる人々の温かい繋がりや、困難を共に乗り越えるしなやかな強さ。崖っぷちの仕立て屋が勇気を出して新たな一歩を踏み出し、自分自身が変わることで、出会う人々をも幸せにしていく姿には、思わずエールを送りたくなる。人生は測れないから面白い。「太陽の国」・ギリシャを舞台に、変化を受け入れ、前向きに生きるためのヒントが詰まった、希望に満ちた感動の逸品。

STORY

ストーリー

アテネで36年間、高級スーツの仕立て屋店を父と営んできた50歳のニコス。無口で内気な性格で、店の上の屋根裏部屋に一人で住んでいる。ギリシャを不況が襲うなか、長年大切に保管してきたお得意様の型紙を整理する日々が続く。そんな中、銀行から突然店の差し押さえの通知が届き、ショックで父が倒れてしまう。父のためにもなんとか店を立て直したいニコスは、病院で見たキャスター付きの台をヒントにある事を思いつく。廃材を使って足踏みミシンを乗せた屋台を作り、なんと移動式の高級スーツの仕立て屋を始めたのだ。

だが思い切って店を飛び出してはみたものの、値段が高いオーダーメイドスーツは道端では全く売れず、商売は傾く一方。途方に暮れていると、ある女性に声をかけられる。「娘の結婚式用のウェディングドレスは作れる?」これまでは紳士服一筋のニコスだったが、父のため、そして大切な店のため、初めてのウェディングドレス作りに挑むことに。

ニコスは隣に住む親子、心優しいオルガと元気な娘のヴィクトリアに手伝ってもらい、女性服の仕立てを学び始める。そして3人で力を合わせて、ニコスの屋台にはカラフルなスカートやワンピースが少しずつ増えていくのだった。はじめはオルガとぎこちない会話しか出来ないニコスだったが、無邪気なヴィクトリアの助けも借りながら、お互い徐々に心を開いていく。

世界に1点のニコスのオーダーメイドのウェディングドレスは次第に評判になり、アテネの女性達の間でたちまち大人気に。だが昔気質な父は女性服を作るニコスをなかなか認めようとはしてくれない。その一方で、青空の下で店を開けば行列が出来るほどになり、商売は軌道にのったかのように見えたのだが──

CAST profile

キャストプロフィール

ニコス

ディミトリス・イメロス

DIMITRIS IMELLOS

1967年6月12日、ギリシャ・アテネ生まれ。ギリシャの演劇学校とロシア舞台芸術アカデミーで演劇を学ぶ。2001年から2007年までギリシャ国立劇場のメンバーとして数多くの舞台に立つ一方で、複数の演劇学校で教鞭を執る。2001年にギリシャで活躍した若手役者に贈られるディミトリス・ホーン賞を受賞、2005年にはギリシャの「アシノラマ」誌の読者投票で最優秀男優賞に輝く。ギリシャ映画アカデミー賞では“Welcome to ‘All Saints”(11・英題)で最優秀助演男優賞を受賞、“Happy Birthday”(17・英題)で最優秀男優賞にノミネートされた。その他の映画は“Aliosa”(99・原題)、“Beautiful People”(01・原題)、“Delivery”(04・原題)、“Sweet Memory” (05・英題)、“Bank Bang”(08・原題)、“Include Women Out”(14・英題)、“Her Job”(18・英題)などに出演している。

オルガ

タミラ・クリエヴァ

TAMILA KOULIEVA

1967年2月16日、アゼルバイジャン共和国・バクー生まれ。ロシアの芸術大学で演出を学んだ後、全ロシア映画大学で演技を学ぶ。1992年以降、ギリシャ国立劇場などで演技や即興を指導している。アレクサンドリア国際映画祭にて最優秀女優賞を受賞、“Metéora”(12・原題)でフランコフォニー映画祭にて助演女優賞にノミネートされた他、複数の賞を受賞している。その他、ギリシャの大ヒットテレビシリーズ「10i entoli」(05~07・原題)、映画“Avrio Tha Xeroume”(97・原題)、“Vasiliki”(97・原題)、“A Sea Apart”(03・英題)、“Ftasamee!...”(04・原題)などに出演している。アゼルバイジャン共和国にあるバクー・スラヴ大学の名誉会員でもある。

STAFF Profile

スタッフ

監督・脚本

ソニア・リザ・ケンターマン

SONIA LIZA KENTERMAN

1982年8月29日生まれ。ギリシャ出身。ドイツ人の父とギリシャ人の母を持つ。アテネで社会学の学士号を取得した後、ギリシャのスタヴラコス映画学校と、イギリスで最も古い映画学校であるロンドン・フィルム・スクールで映画製作を学ぶ。彼女の卒業制作である短編映画“Nicoleta”(12・原題)はギリシャ映画アカデミー賞で最優秀短編映画賞にノミネートされた。41の国際映画祭に出品し、合計15の賞に輝く快挙を成し遂げた。今までに8本の短編映画を手掛けており、長編映画は本作が初めてとなる。ギリシャを拠点に、2本目の長編映画を製作中。

共同脚本

トレイシー・サンダーランド

TRACY SUNDERLAND

アメリカ出身。2012年にロンドン・フィルム・スクールにて映画製作の修士号を取得。その後母国に戻りアイダホ州ボイシ州立大学にて教鞭を執る。前作短編映画“Breakaway”(14・原題)では脚本・監督・編集を手掛け、アイダホ州住民と難民の触れ合いを描いた。本作が初めての長編映画となる。ソニア・リザ・ケンターマン監督とはロンドン・フィルム・スクール在籍時同窓生であり、彼女の卒業制作短編映画“Nicoleta”(12・原題)でも共同脚本を手掛け、再び別プロジェクトでも共同脚本を担当中。

エグゼクティブ・プロデューサー

パノス・パパハジス

PANOS PAPAHADZIS

80年代から映画やテレビ番組制作、50作品以上の映画製作に携わっているギリシャ国内で最も成功を収めたプロデューサーの一人。近年では“Mahairovgaltis”(10・原題)がギリシャ映画アカデミー賞で最優秀映画賞を受賞、“To mikro psari”(14・原題)では同賞の最優秀映画賞にノミネートされている。国際共同製作での実績も多く、自身の製作会社Argonauts Productionsにおいて本作を含む16作品を製作し、カンヌ、ベルリン、トロントなど主要な国際映画祭に精力的に出品している。

撮影監督

ジョージ・ミヘリス GSC

GEORGE MICHELIS GSC

“September”(13・原題)でギリシャ映画アカデミー賞の最優秀撮影賞にノミネートされている。他最近作は『もうひとりの私』(16)、ドイツ・ヨルダン・オランダ合作映画“Blessed Benefit”(16・原題)など。ソニア・リザ・ケンターマン監督の短編映画“Nicoleta”(12・原題)でも撮影監督を務めている。

衣装デザイナー

ジュリー・ルブラン

JULIE LEBRUN

1981年生まれ。ベルギー・ブリュッセル出身。高校卒業後フランス・パリでスタイリストとして3年間学び、数々のファッションショーでアシスタントを務める。その後ブリュッセルに戻り広告宣伝、映画分野のスタイリストのアシスタントを務め、2005年に自身の衣装デザイン事務所を立ち上げた。広告宣伝、ビデオ、ドキュメンタリー、映画分野で活躍中。フォルクスワーゲン、マクドナルド、レオニダス等有名ブランドの欧州向けコマーシャルを手掛け、映画はギヨーム・セネズ監督、ロマン・デュリス主演『パパは奮闘中!』(18)でも衣装デザインを担当している。本作に登場する全てのドレスのデザインを担当した。

Location

舞台

ニコスが初めて移動式テーラーをひらく市場

人が集まり、生鮮食品を買ったりお茶をする場所。狭い路地を行き来してアテネっ子たちが袋いっぱいに買い物をする。

ニコスの仕立て屋店

アテネの中心地、ニキ通り。あつては仕立て屋や生地問屋などの高級店が並ぶ通りだったが、今はニコスの店が唯一残る仕立て屋。

ニコスが初めてドレスを作りに行く町

ピレウスにある少し貧しい地域。ニコスがアテネからバイクを走らせ、初めてオーダーメイドのドレスを作る。

ニコスとオルガがドレス市をひらく場所

アテネの南西に位置する町、ピレウス。1930~1940年代には多くの難民が住んでいたが。近年は小さな一軒家や大きなマンションが建っている。

ニコスとオルガが語り合う海辺

ピレウス港。ヨーロッパ最大且つ世界第2位の旅客港で、エーゲ海クルーズの拠点である。

ニコスの生まれ育った町

物語では架空の島だが、実際にピレウス港から見えるのはサロニコス湾北部に位置するサラミス島。

Review

レビュー

“煌びやかで、色鮮やかで、明るくて、まるで完璧な1杯のカクテルのようだ。”cinergie.be
“一歩踏み出すのはいつだって遅くないと教えてくれる感動作。”DMovies.org
“ギリシャの太陽に輝く青い海と、濃紺の高級スーツが織りなす鮮明な映像美”Film Is A Fine Affair

ちょっとリアルで、ちょっとロマンティックで、
間抜けのようで素晴らしい!
こんな美味しい映画、初めて!

谷川俊太郎(詩人)

人生毎日テーラーメイド、ウェディングドレスで
主人公は何と未来を誓ったのか
自分の人生を初めて採寸した彼の笑顔!
しびれた!

小堺一機

美しいギリシャの青空の下、登場する人々の輝く笑顔に
心が温まり幸せな気持ちに!
求められるところに人は役割がある。
一生懸命取り組めば道は開き人生も仕立て直せる!
心に勇気がもらえる、今の時代に見てほしい作品です!

アン ミカ(モデル・タレント)

不況で倒産寸前になった父親から受け継いだテーラーを
息子が華やかなウエディングドレスの専門店として立ち上げるまでの
悲喜こもごものプロセスを描いた感動作。
そしてその店は、多くの顧客の人生の仕立て屋であることも暗示している。

桂 由美(ブライダルファッションデザイナー)

スーツからドレスへと変幻するように、
主人公ニコスの人生も華やかに仕立てられてゆく。
服で窮地に立たされ、また救ってくれたのも服。
縫製の美しいシーンとともに、輝ける生き方を教えてくれる映画!

篠原ともえ(デザイナー/アーティスト)

どんな「人生」にも中年オヤジは、自前のダンディズムで立ち向かうのは世界共通!
この役、やりたかったー!

光石研(俳優)

「時代は変わった!」
男たちのマナーやエレガンスはもはや忘却の彼方へ
アナログとハイテク
身だしなみと無頓着
変わりゆくもの、変わらぬもの
テーラー、仕立て屋、、、。 注文服とは古き佳き時代から継承される素晴らしき個別的な物づくりの世界。対話と技術が夢の一着を作り出す。人生を豊かにするものだと思います。
同じ仕事を営むテーラーとして胸に響きました。

山本祐平(『テーラーケイド』オーナー)

限られた言葉で多くを語る。
「テーラー 人生の仕立て屋」は、
まるで俳句のような世界観で描かれる素晴らしい作品です。

在日ギリシャ大使 コンスタンティン・カキュシス

(順不同・敬称略)

監督・脚本:ソニア・リザ・ケンターマン 出演:ディミトリス・イメロス、タミラ・クリエヴァ 2020年/ギリシャ・ドイツ・ベルギー/ギリシャ語・ロシア語/101分/スコープ/カラー/5.1ch/英題:Tailor 後援:駐日ギリシャ大使館 配給:松竹監督・脚本:ソニア・リザ・ケンターマン 出演:ディミトリス・イメロス、タミラ・クリエヴァ 2020年/ギリシャ・ドイツ・ベルギー/ギリシャ語・ロシア語/101分/スコープ/カラー/5.1ch/英題:Tailor 後援:駐日ギリシャ大使館 配給:松竹