COMMENT

アスリートからも
共感&感動の
コメントが続々!

<敬称略・順不同>

play pv

新城幸也選手(プロロードレーサー)コメント

play pv

松田詩野選手(プロサーファー)コメント

play pv

角野友基選手(プロスノーボーダー)コメント

  •  

    新城幸也選手(プロロードレーサー)

    初めて自転車に乗った時の喜びを
    この映画を通して改めて思い出しました。
    スポーツをやっている人は
    必ず熱くなれる映画です。

  •  

    松田詩野選手(プロサーファー)

    本気で自転車競技に挑んでいる姿に
    感動しました。
    みんなの頑張りに刺激を受けて
    私も頑張ろうという気持ちになれました!

  •  

    角野友基選手(プロスノーボーダー)

    一人はみんなのために、
    みんなは一人のために。
    仲間達に支えられて努力して、
    また仲間たちを支える。
    そんなチームプレーに心を打たれました。

現役高校生
ロードレーサーからも
興奮の声!

昨今のコロナ禍により無念にも
今年の大会出場がかなわなかった
ご当地千葉県在住の高校生ロードレーサーも本作を鑑賞。
公開直前に行った試写会から、
熱い感想が届きました!
  • 弱虫ペダルが自転車をはじめたきっかけでした。
    コロナウイルスで3年生最後の大会が無くなり、とても落ち込んで居ましたが、
    今回の試写会に自転車競技部としてご招待頂いて、
    大好きな弱虫ペダルのイベントに関わることができて、少し報われた気持ちになりました。
    キャストの演技は、こっちも走っているような感覚になるほど辛さや苦しさ楽しさが伝わってきてとても臨場感に溢れてて良かったです。
    これで弱虫ペダルが好きな人、自転車をはじめる人が増えればいいなと思いました。

  • 普段見れない自転車や、キャストの皆さんが本気でやっている感じが伝わってきて、とても楽しく見られました。

  • 僕は最近ロードバイクを乗り始めたのでまだロードシューズを履いて乗ったことがないし、ダンシングも上手くできないので(キャストが)坂道でダンシングしてるシーンはすごいと思いました。

  • 今泉くんの「あの頃の俺じゃない」と言うセリフは本当に昔の自分に打ち勝てて良かったなと思いました。多分あの時、打ち勝ててなかったら昔と同じように抜かされてたと思います。久々にめっちゃ感動しました。ありがとうございました。

  • ロードレースの躍動感や感動を感じることが出来た。

  • 以前マンガは読んでいましたが、映画館で見るとさらに迫力が伝わって来ました。
    もう一回見に行きたいです。

  • レースの終盤迫力がすごく、ドキドキしました

  • 弱虫ペダルのアニメは全作品見ていますが、実写映画版の方も迫力がありとても面白い作品になっていると思います。とても楽しかったです。

  • 面白かった。今回の実写化とアニメを比べ、声がとてもよく似ていました。

  • まず実写化ということで原作やアニメと比べたらどういったふうに完成するのか楽しみでした。永瀬廉さんが演じた小野田くんのラブヒメの歌声が(アニメと)そっくりでびっくりしました!伊藤健太郎さんのクールな今泉役も凄く上手で絶対に負けたくない気持ちが凄く伝わってきました。他のキャストさんの演技もどれも魅力的で凄く惹き込まれました!
    特にレースのシーンは抜くか抜かないか見てるこっちまでハラハラしました!
    この映画を見てもっとレースを見たいと思えました。乗りたいとも思えました!すごくたのしい気持ちになれました!

SHARE

TOPページへ戻る