LOADING

CUBE

2021年10月22日(金)全国公開

INTRODUCTION

この部屋に一度入ったら、最後―。

1997年に公開されたヴィンチェンゾ・ナタリ監督作品「CUBE」。
密室サスペンスの先駆けとして、世界中でカルト的人気を誇るこの作品を、
日本を代表する豪華キャスト陣により、ヴィンチェンゾ・ナタリ初の公認リメイク!

謎の立方体=CUBEに突然閉じ込められた男女6人。
ここがどこなのかも、閉じ込められた理由も、出口があるのかも、生き残れるのかも、部屋の正体も、全てが不明。

もしかしたら、次に閉じ込められるのはあなたかもしれない。
全世界を巻き込む、劇薬系密室エンタテインメントがいま幕を開ける ───。

STORY

目が覚めるとそこは謎の立方体=CUBEの中だった———。

突然閉じ込められた男女6人。
エンジニアの後藤裕一(菅田将暉)、団体職員の甲斐麻子(杏)、
フリーターの越智真司(岡田将生)、中学生の宇野千陽(田代輝)、
整備士の井手寛(斎藤工)、会社役員の安東和正(吉田鋼太郎)。
年齢も性別も職業も、彼らには何の接点もつながりもない。

理由もわからないまま、脱出を試みる彼らを、熱感知式レーザー、ワイヤースライサーや火炎噴射など、
殺人的なトラップが次々と襲う。仕掛けられた暗号を解明しなくては、そこから抜け出すことは絶対にできない。
体力と精神力の限界、極度の緊張と不安、そして徐々に表れていく人間の本性…
恐怖と不信感の中、終わりが見えない道のりを、それでも「生きる」ためにひたすら進んでいく。
果たして彼らは無事に脱出することができるのか?!

CAST & CHARACTER

後藤裕一(29) エンジニア 菅田将暉

この場所がなんなのか。
自分は、何者なのか。
立ちはだかる理不尽を前に
何の為に生きるのか。
こんなにしんどいのに
何故生きるのか。
何が、怖いのか。
僕らは何と戦っているのか。
もっと楽な道はないのか。
そこで笑っている君は幸せなのか。

撮影しながらも頭の中には疑問だらけでした。
映画というよりは演劇的空間の中で、
共に過ごした演者のみなさんとは
奇妙な連帯感がいつしか芽生えていました。
こんな映画です、とカテゴライズするのは
とても難しいです。
実験的なエンターテインメントを
楽しんでもらえたら何よりです。

甲斐麻子(37) 団体職員 杏

あの名作に参加できるのだ!ととても嬉しく思いました。
CUBEのスタジオセットを目にしたときに、感動したと共に、
これは大変だ、とも思いました。
一つの空間の中で作り上げることはとても大きな挑戦になりました。
現場に参加していても、完成はどうなるのか実際には見られていません。
閉じ込められた数人の男女がどのように立ち向かっていくのか、それぞれのドラマを見ていただければと思います。

越智真司(31) フリーター 岡田将生

ほんとに楽しかったです。
こんな素敵な方々と一緒に映画を作れて幸せでした。
CUBEの空間は異様で、あのセットも僕たち同様にキャストでした。色々な想像をさせてくれてお芝居の手助けをたくさんいただきました。クランクアップをした時は本当に脱出した感覚でしたし、この映画を見てくれる方も映画館から脱出する感覚で見てもらえる作品なのではと思います。

宇野千陽(13) 中学生 田代輝

出演が決定した時は、喜びと同時に不安もありましたが、監督をはじめ、大先輩の共演者の方々、スタッフの皆様に支えられて、なんとか撮影を終えることができました。
すべてが衝撃的な内容になっていると思うので、僕自身公開が楽しみです!

井手寛(41) 整備士 斎藤工

20年以上前に劇場(CUBE)で喰らったカナダ映画
ヴィンチェンゾ・ナタリの「CUBE」と言う衝撃
そこから今日まで様々な展開がなされて来た「CUBE」と言う映画的ソース
コロナ禍の中、世界中が家と言う"CUBE"にステイホーム、巣ごもりを余儀なくされた今こそ
そして清水康彦監督の手によって
この「CUBE」の正体、核心に迫れる作品になるのではないかと必然を感じています

安東和正(61) 会社役員 吉田鋼太郎

先ず、才能に溢れた5人の共演者の方々とご一緒できた事が何よりの幸せであり刺激でした。
しかも逃げ場の無い密室での長時間の緊張感漲る駆け引きは、これまでの俳優人生に於いても初めての経験であり、得難い体験をさせて貰いました。
共演者の方々、監督始め全てのスタッフに感謝したいです。
さて、あの密室で、あの閉塞感の中で繰り広げられた僕達の演技がスクリーンの上にどのように映し出されるのか、本当に楽しみです。
観客の皆さんと一緒にワクワクしながら上映を待ちたいと思います!

DIRECTOR

監督 清水康彦

CUBEがもたらす圧倒的秩序には誰も抗えない。本作を作る我々もCUBEに入ったようなものでした。(同じ場所でずっと撮影しましたから)そして、自分自身と向き合うことになる。己という深淵に潜むのは、希望か絶望か。
まもなく、あなたもCUBEの中。いや、既に中に入っているのかもしれません。

KEYWORD

1. 素数

「素数」とは1より大きい自然数で、1と自分自身でしか割り切れない数、と定義されている。
例えば、5は1と5でしか割り切れないので素数だが、6は1と6の他に、2と3でも割り切れるので素数ではない。
このようにして、素数は2、3、5、7、11、13、17、19…などと無数に続く。
CUBEでは部屋に3桁の数字が刻まれていたが、素数なのか素数でないのかは、何かを教えてくれているのかもしれない。

2. デカルト座標

場所を指定する数字の組のことを「座標」という。平面の場合は(X, Y)の2つで十分だが、
CUBEのような立体の場合は(X, Y, Z)の3つの数字が必要になる。
普通の座標はX軸、Y軸、Z軸が直角に交わるため、正確には「直交座標」と呼ばれる。
「デカルト座標」とは、実は普通の「直交座標」の別名だ。 CUBEでは、部屋に3組の数字が刻まれていたが、
これは部屋のデカルト座標と何か関係があるのだろうか?

3. フラクタル図形

“正方形を3等分して、中心をくり抜く”のように、同じ操作を自分自身に繰り返して得られる図形を「フラクタル図形」という。
大小の似た形が繰り返し現れるため、日本語では「自己相似図形」などと訳される。
CUBEの壁面をよく見ると大小さまざまな正方形が並んでいる。これは、「シェルピンスキーのカーペット」と呼ばれる有名なフラクタルと似ているようだが、果たしてそれが暗示するものとは…?

シェルピンスキーのカーペット

ORIGINAL 「CUBE」

ヴィンチェンゾ・ナタリによるオリジナル映画。ワンセット物で登場する役者は7人、という低予算映画ながら、1997年に公開されるやいなや、その斬新さや設定の面白さからカルト的人気作となる。

日本では1998年に公開され、単館上映ながら大反響を呼んだ。続編として、「CUBE2」(02)「CUBE ZERO」(04)が公開されたが、ヴィンチェンゾ・ナタリはいずれの作品にも関わっていない。尚、今回の日本版「CUBE」においては制作段階より全面協力。クリエイティブアドバイザーとして全体のクオリティの底上げを図っている。

©2021「CUBE」製作委員会