0%

岡田将生 志尊淳 平手友梨奈

原作:ヤマシタトモコ「さんかく窓の外側は夜」(リブレ刊) 監督:森ガキ侑大 脚本:相沢友子/©2020「さんかく窓の外側は夜」製作委員会 ©︎Tomoko Yamashita / libre

Official SNS

Introduction

霊が〈祓える男〉と〈視える男〉。 心霊探偵バディが、呪いの謎に挑む!

今最も注目の漫画家・ヤマシタトモコの大ヒット作「さんかく窓の外側は夜」(リブレ刊)。累計発行部数100万部を超えるベストセラーコミックスが、超豪華俳優・スタッフ陣によって実写映画化!

本作は、霊が〈祓える男〉冷川と〈視える男〉三角の二人が“除霊”という特殊能力を使い怪奇事件に挑む、新感覚の〈除霊ミステリー〉。凄腕の除霊師・冷川を演じるのは、映画だけに留まらず、ドラマや舞台など数々の話題作に出演し、人気、実力ともに兼ね備えた俳優・岡田将生。冷川の助手・三角を演じるのは、若手実力派俳優として活躍が目覚ましい志尊淳。初共演・W主演となる二人が新たなジャンルのバディムービーに挑む。
また“呪いを操る”女子高生として、ストーリーの鍵を握るヒロイン・ヒウラエリカ役に平手友梨奈。圧倒的カリスマ性で難役へ挑戦する。

監督は、CMディレクターとして国内外の広告賞を受賞、初の長編映画『おじいちゃん、死んじゃったって。』でも高い評価を得た森ガキ侑大。脚本はTVドラマ「鍵のかかった部屋」や、映画『重力ピエロ』、『プリンセス トヨトミ』、『本能寺ホテル』など話題作を手掛けてきた相沢友子。才能溢れるクリエイターが結集し、かつてない斬新な映像表現を創り上げた。

果たして冷川・三角の心霊探偵バディは、連続殺人事件と呪いの謎に隠された真実にたどり着けるのか――? 常識を覆す、新感覚ミステリー・エンターテインメントが幕を開ける!

Story

冷川・三角、心霊探偵バディの元に持ち込まれた、連続殺人事件の謎。
死者が遺した謎のメッセージに隠された、驚きの真実とは―?

書店で働く三角康介(志尊淳)は、幼い頃から幽霊が視える特異体質に悩まされていた。
ある日、書店に除霊師・冷川理人(岡田将生)が現れる。「僕といれば怖くなくなりますよ」の一言で、三角は冷川と共に除霊作業の仕事をすることに。
そんな中、二人は刑事・半澤(滝藤賢一)から、一年前に起きた未解決殺人事件の捜査協力を持ちかけられる。調査を進める冷川と三角は、やがて自殺した犯人の霊と出会う。冷川が三角に触れると、犯行時の状況がフラッシュバックのように浮かび上がり、恨みがましい犯人の声が響く――

「ヒ ウ ラ エ リ カ に . . . . だ ま さ れ た . . . .」

犯人の霊を通して視た情報を元に、真相へと近づいていくふたりの前に現れたのは、呪いを操る女子高生・非浦英莉可(平手友梨奈)。

〈ヒウラエリカ〉とは何者なのか? 連続殺人事件との関係は――?
死者からのメッセージの謎を解き明かそうとする二人は、やがて自身の運命をも左右する、驚愕の真実にたどり着く…。

Character

冷川理人

岡田将生

1989年生まれ。東京都出身。07年『アヒルと鴨のコインロッカー』でスクリーンデビュー。映画『ホノカアボーイ』『重力ピエロ』『僕の初恋をキミに捧ぐ』『ハルフウェイ』など、出演作が相次いで公開された09年に映画賞の新人賞を独占。以降テレビドラマ、舞台など活躍の場を広げ、実力派俳優として活躍中。近年の映画出演作に、『何者』『銀魂』『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』『伊藤くんAtoE』『家族のはなし』『そらのレストラン』など。他にもNHK連続テレビ小説「なつぞら」、舞台『ハムレット』『ブラッケン・ムーア』 等に出演。

三角康介

志尊淳

1995年生まれ。東京都出身。11年ミュージカル『テニスの王子様』で俳優デビューを果たし、14年「烈車戦隊トッキュウジャー」で注目を集める。近年の主な映画出演作に、『帝一の國』『フォルトゥナの瞳』『劇場版おっさんずラブ~LOVE or DEAD~』『HiGH&LOW THE WORST』など。その他、NHK連続テレビ小説「半分、青い」、「潤一」をはじめ多数テレビドラマにも出演。第43回エランドール賞新人賞・TVガイド賞ほか、NHKドラマ10「女子的生活」における演技により、第11回コンフィデンスアワード・ドラマ賞主演男優賞、第73回文化庁芸術祭テレビドラマ部門放送個人賞を受賞。

非浦英莉可

平手友梨奈

2001年生まれ。愛知県出身。15年8月に結成された女性アイドルグループ欅坂46のメンバーとして、16年「サイレントマジョリティー」でデビュー。18年、『響 -HIBIKI-』で映画初出演にして初主演を務め、第42回日本アカデミー賞で新人俳優賞、第31回日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞で新人賞を受賞した。本作で2年ぶり2度目の映画出演となる。

半澤日路輝

滝藤賢一

1976年生まれ。愛知県出身。舞台を中心に活動後、08年、映画『クライマーズ・ハイ』、NHK大河ドラマ「龍馬伝」、NHK連続テレビ小説「梅ちゃん先生」などで注目を集める。「半沢直樹」(TBS)で日本放送映画藝術大賞 優秀助演男優賞を受賞。近年の映画出演作に、『64-ロクヨン-前編/後編』『SCOOP!』『関ヶ原』『孤狼の血』『虹色デイズ』『影踏み』『決算!忠臣蔵』『コンフィデンスマンJP プリンセス編』など。20年NHK大河ドラマ「麒麟がくる」では足利義昭を演じるなど、話題作への出演が相次ぐ。

半澤冴子

桜井ユキ

1987年生まれ。福岡県出身。17年『THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY リミット・オブ・スリーピングビューティ』で映画初主演。近年の映画出演作に、『サクらんぼの恋』『スマホを落としただけなのに』『真っ赤な星』『コンフィデンスマンJP−ロマンス編−』『マチネの終わりに』など。

非浦松男

マキタスポーツ

1970年生まれ。山梨県出身。お笑い芸人、ミュージシャン、俳優、文筆家など幅広く活躍中。俳優としては『苦役列車』で第55回ブルーリボン賞新人賞、第22回東スポ映画大賞新人賞などを受賞し一躍脚光を浴びる。近年の映画出演作に、『みんな!エスパーだよ!』『アイアムアヒーロー』『忍びの国』『そらのレストラン』『ここは退屈迎えに来て』など。

逆木一臣

新納慎也

1975年生まれ。兵庫県出身。舞台を中心に活動。近年では『日本の歴史』『生きる』『ラ・カージュ・オ・フォール』『十二夜』など話題作に出演。また、NHK大河ドラマ「真田丸」、NHK正月時代劇「風雲児たち~蘭学革命篇~」、「M 愛すべき人がいて」(EX)などに出演し、確かな演技力で非常に強いインパクトを残している。

三角則子

和久井映見

1970年生まれ。神奈川県出身。91年『息子』、『就職戦線異状なし』で、日本アカデミー賞新人賞、最優秀助演女優賞、キネマ旬報助演女優賞等多数の映画賞を受賞。93年『虹の橋』で日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞し、以降数々の話題作へ出演。近年の映画出演作に、『ラストコップ THE MOVIE』『体操しようよ』『いちごの唄』『小説の神様 君としか描けない物語』など。

石黒哲也

筒井道隆

1971年生まれ。東京都出身。90年『バタアシ金魚』で俳優デビューにして主演を務め、同作品で第14回日本アカデミー賞新人俳優賞受賞。ドラマ「あすなろ白書」(CX)、「王様のレストラン」(CX)などで脚光を浴び、以降数多くの映画、ドラマ、舞台で活躍。近年の映画出演作に、『聖の青春』『ママレード・ボーイ』『洗骨』『パラレルワールド・ラブストーリー』『サヨナラまでの30分』など。

    Official SNS