COMMENT

一つしかのぞき穴が無い万華鏡を、誰かと一緒にのぞく事ができたら。
この映画を見て、そんな事を思いました。

石崎ひゅーい(シンガーソングライター)

心臓がドキドキするストーリーの展開で、とても時間があっという間でした!
見る前の情報に「呪い」とかってワードがあったのでちょっと怖いのかなと思ったけど、ホラーが苦手な人でも大丈夫^^心に刺さりました。寄り添う事の大切さも。。
ストーリー◎映像◎音楽◎、そして皆さんの顔面も◎でした!

藤田ニコル(モデル/タレント)

「新感覚なんちゃらみたいな謳い文句はそろそろやめた方がいい」という大それたにも程がある僕のツイートを見て宣伝コピーを「新感覚ミステリー」から「新三角ミステリー」に変えた松竹宣伝部にもはや頭が上がらないし
ホントみんなこの映画観れ。

佐藤二朗(俳優)

SNSなどでの言葉の暴力が溢れる世の中にあって、言葉で人と繋がることの重みを考えさせられる作品だと思います。
非現実的なのに現実的。それがこの作品の怖さと面白さの理由だと感じました。

市川染五郎(歌舞伎俳優)

人はなにかを
抱えている、みんな、誰しもが
目に見えても、目に見えなくても
背負っている
ひとりで生きている人がいないのは
誰かと関わってしまっているからですね

生まれた瞬間から
関わってしまっている

山田裕貴(俳優)

分かりやすい二項対立の構図ではなく、作中のさまざまな要素をあえて〝三角形〟で捉えてみると面白い。主演のお二人と平手友梨奈さんの好演も見どころだが、個人的には滝藤賢一さん演じる刑事の「信じない力」が強く印象に残った。

綾辻行人(ミステリー作家)

シリアスでスピーディな展開にハラハラしっぱなしでした。岡田さん志尊さんの不思議なバディ感も楽しかったです。ぜひ皆様も劇場でご覧ください!

伊沢拓司(クイズプレイヤー)

ボーイズラブの要素が詰まったホラーエンターテインメント。
若い役者たちは若さの中に品がありどんどん感情移入してしまう。
とどのつまりが観客の息の根を止めにくるような映画だ。

立川志らく(落語家)

始まりから世界に引き込まれていってホラーもサスペンスもあり、とても素敵な時間を過ごせました。
終わり方がいろいろ考えさせられる終わり方でした。

堀内健(ネプチューン/お笑い芸人)

観入ってしまう、
森ガキさんだ、
そう思わせて止まないオープニングから、ミュージック・ビデオのような芸術的な映像とスピード感あるストーリーに最後まで引き込まれる。
ホラーでもサイコでもない、このSF映画のキレイとケガレはとても美しい。

戸塚純貴(俳優)

冒頭から引き込まれ、ずっと何が起こるんだろって思いながら、ゾワゾワ、ワクワクしながら見終えました。
自分の窓の外側にはどんな景色が広がってるんだろう?そんな事を考えさせられました。
素敵な作品をありがとうございました。

堀井新太(俳優)

“心霊探偵バディ”という新ジャンルを開拓した2人には責任を持ってシリーズ化して頂きたい!

赤ペン瀧川(映画プレゼンター)

それぞれ違う個性を持てど、それを最大限に活かす為には周りとの協力や助け合いが必要なんだと改めて感じさせられました。

石橋遼大(四千頭身/お笑い芸人)

開始1秒で「あ、この色味、面白い映画が観れるぞ」と思わせてくれる映画は、やはり裏切らない。
ずっと不穏で、ずっと暗く黒く、美しく恐ろしい。
平手友梨奈さんが僕らにかけた呪いは、この映画でさらに強まった。

しんのすけ(映画感想TikToker)

独特な世界観にいつの間にかどっぷりのめり込んでいました!!!
クールでミステリアスな岡田さん、ピュアで繊細な志尊さん、新たな名バディ誕生だと思います!!!

岡部大(ハナコ/お笑い芸人)

ハラハラドキドキする内容の映画で次の展開がとても気になる映画でした。
あまり深くは言えませんが、結局怖いのは人間なんだなと思わされました。
あとシンプルに岡田将生さんがめちゃくちゃかっこよかったです。

菊田竜大(ハナコ/お笑い芸人)

夢に出てきそうで眠れません。

秋山寛貴(ハナコ/お笑い芸人)

作品のポスターを見てキャストの皆様の美顔から想像するに滝藤賢一さんがお父さんの可愛い子供たち3人が恋仲になってしまう作品かとニヤニヤしながら見始めたらひっくり返って最終的には白目を剥き震えながら見てしまいました。

丸山礼(ものまねタレント)

人が持つ言葉は時に恐ろしいものになりますが、誰かの事を想う言葉はこんなにも強く優しいものになるんだと感じました。
主演のお二人をはじめ、出演者の皆さんがキャラクターにとても愛情を持って演じていらっしゃるなと感じ、ミステリーとしての面白さだけではなく、人間味の溢れる映画だと思います。

三戸なつめ(女優/タレント/モデル)

それぞれの運命が交差する様を見事な映像美で描いており、
一瞬たりとも目が離せず、とても楽しめました。
恐怖を感じながらも、何故か美しくも見えました。
配役も演技も非常に完成度が高く、何度見ても色んな側面から楽しめる作品だと思いました。

平野ノラ(お笑い芸人)

最初から最後まで上品な緊張感が漂います。
ダークでショッキングなシーンにミスマッチとも言える美しい音楽のギャップに鳥肌が立ちっぱなしです。
そして急転直下のラストからは目が離せません。
あとシンプルに淳ちゃんは顔が良い。

佐藤流司(俳優)

ホラー映画だと思って観たら、ホラー要素あり、サスペンス要素あり、ストーリーが濃すぎて1時間42分ずっと目が離せなかった。特にラスト1分が衝撃!!原作を読んだことがない僕でもマジ面白かったからマジでみんな観て。

くろがねのあ(モデル)

序盤はリアルな怖さにどっぷり引き込まれ、たっぷり脇汗をかきました。
見終えたら自分にもこんな運命があるのかもなと考えて、温かい気持ちになれる作品。
帰り道、交差点でキョロキョロしてみました。

星野光樹(Gパンパンダ/お笑い芸人)

面白かった〜!!
ホラーでも、ファンタジーでもなく、
究極にリアルな非現実だった……!!
この世に、本当にあんな生活している人たち、いるんだろうな、と。
映像もめっちゃカッコよかった〜っ

一平(Gパンパンダ/お笑い芸人)

あえて何の情報も入れずに観ましたが、冒頭の10分で「あ、面白い」と完全に掴まれ、この後どうなる?と見入っているうちに、気づけばエンディングでした。今まで見た事がない新しい関係性のバディも良かったです!

コカドケンタロウ(ロッチ/お笑い芸人)

始めはただただ出てくる幽霊が怖かったですが、話が進むにつれて登場人物の背景が見えた時、モヤモヤしながら観ていた部分の伏線がすべて回収されていきました!これは完成度が高い作品なのではないでしょうか!

中岡創一(ロッチ/お笑い芸人)

"才能"を持って生まれたばっかりに、孤独な道を歩まざるを得なかった男と男が出会い、歯車が回り始めた
これを運命と言わずして、何と言う

宇垣美里(フリーアナウンサー)

心霊、呪い、怪奇、その類を観るのが苦手でビクビクしながら観始めました。
ただ観ていると温かくてどこか寂しくて、怖いものに親近感を覚えて、ほっと心安らぐ作品でした。ただこれからサンカクを見るとミステリアスな感覚になるだろうなとも感じました。

前田公輝(俳優)

残酷でスタイリッシュな異世界でフォトジェニックな俳優達に目を奪われ、刹那な悲劇に心を奪われる。

伊藤さとり(映画パーソナリティ)

ポップなタイトルからは想像もつかないような物語で、
予想外の展開が多く、話が進めば進むほど食い入るように見てしまいました。
特にヒウラエリカの登場シーンには思わず「え!?」と声を出してしまいました。
職業や能力、育った環境から形成されたその人その人の性格、言葉に宿る力など、改めて色々考えさせれる作品でした。

みっき~(みきおだ/YouTuber)

予想以上の展開で
想像以上に考えさせられる

想定以上に良い意味で自分の中に残る映画でした。

とにかくヒウラエリカ、『素晴らしい目』だ。

おだけい(みきおだ/YouTuber)

ストーリーの面白さはもちろん、岡田さん、志尊さん、平手さんの存在感と映像から見える美しさと迫力が凄まじかったです!観終わった後も、思い出すような映画でした!

土佐卓也(土佐兄弟/お笑い芸人)

作品の独特な世界観の中で岡田さん、志尊さんの演技が素晴らしく、とても引き込まれました!これまで見たことのない役どころでお2人の演技の幅に脱帽しました。
そういったところを含めてまた見たくなる作品です!

土佐有輝(土佐兄弟/お笑い芸人)

現代は、SNSの普及により簡単に繋がりやすくなったけれど、どこか孤独を感じてしまうことも多いです。他者からの評価を気にし、コンプレックスを隠そう、1人で悩みを抱え込もうとするのではなく、人を信じ、互いを認め合い、支え合うことで新たな道が見えてくると思うので、勇気を持って一歩踏み出すことが大切だということを感じさせられた作品でした。

小西詠斗(俳優)

“呪い”をここまでカッコよく描けるとは!
「神は細部に宿る」というが、本作はその結晶だ。

カット割りにカメラワーク、演技、小道具、美術、衣装、照明、ずとまよの主題歌……
あらゆる視覚的・聴覚的要素を駆使してヤマシタトモコ氏の原作を立体化し、無二の世界観を構築している。

SYO(映画ライター)

今までに見たことのない不思議な映画でした。
ファンタジー要素もありながら現実味も帯びていて、怖い映画が苦手な方にも見て欲しいと思いました。関わり方次第で、良くも悪くも変化してしまう人間の怖さも再確認しました。

宇佐卓真(俳優)

特殊が孤独を生みねじれこじれるが、
最後は素直さと優しさ、粘り強さが合わさり救世主現る!!
そして魅せてくれるよ!
綺麗なさんかく!

村上(Aマッソ/お笑い芸人)

除霊や呪いというテーマで描かれるときの、苦悶し取り憑かれていく人たちのもつ高い温度がありますが、この映画ではそこに役者さんそれぞれがもつクールさと映像のクールさが重なって、「え、これ何度…?」みたいな体験のできる映画でした。にしても、呪われる時の目、怖すぎ…

加納(Aマッソ/お笑い芸人)

霊など見えないし信じてもいない刑事さんの”信じない力”が霊能者と共鳴し不可解な事件を解決していく様子はとても斬新でかつ現代的だなと感じました。今までとは少し違う”心霊解釈映画”一見の価値ありです!

シークエンスはやとも(お笑い芸人)

ホラーやミステリーという要素はもちろんのこと、
SNSが発達した時代だからこそ、
人と人との繋がりや言葉の重みについて
深く考えさせられる作品でした。

曽田陵介(俳優)

次々に展開するストーリーに引きづり込まれて思わずイスから腰を上げて前のめりになるぐらいの感じでした!!
この映画は観れば分かりますが自分の心臓と感情が忙しく動き回ります‼
描写、音楽、俳優の方々の怪演にどっぷり入り込んで欲しいです‼

あばれる君(お笑い芸人)

原作ファンなので、今回の映画化はとても楽しみにしていました!
OPから描写がとても綺麗で、冷川と三角の初除霊シーンを見た時点で「DVD買おう!」と決めました(笑)
コミカルなシーンもある原作に比べて、シリアスな印象でしたが、それが怖さも演出していて良かったです!
複雑に絡みあっておもしろい話を、どうまとめるのかな…と思っていましたが、要所要所をオリジナルストーリーで紡いでいて、原作ファンでも新鮮な気持ちで楽しめる映画でした!続編を期待しています!

マミルトン(YouTuber)

巡り巡る呪縛のチェーンを断ち切るのは、いつだって人を想う気持ちなのかもしれない。何もしないで逃げるのはもう終わりだ。

バービー(フォーリンラブ/お笑い芸人)

ストーリーとキャストがこれほどまでに合っている作品はなかなか無いと思いました。
こんな時代だからこそ今までとは感じ方が変わってくるシーンなどもあり、何度も見返したくなる映画です。

ハジメ(フォーリンラブ/お笑い芸人)

見てて怖いけども楽しめる作品でした!!
物語が展開されてくといつのまにか作品にのめりこんでます!
女性目線からみると、岡田将生さんと志尊淳さんが寄り添うシーンは胸キュンポイントです!

ワタリ119(お笑い芸人)

この作品で感じた事は、最近はコロナの影響もありSNSでの交流やオンライン上での関わりが増えましたが、
改めて「リアル」での知人、友人、家族を大切にしようと思えた事です。
ぜひ映画館で観て下さい!

さんこいち(YouTuber)

完全ホラー、THRILL、とシュールのかたまりでした!アメリカ人としての感覚で感想を言うと、1980年の作品「シャイニング」のジャパニーズバージョンです!是非この素晴らしい作品をご覧ください!

アイクぬわら(超新塾/お笑い芸人)

見終わったときに、身体の力がフッと抜けたことに気が付きました。それほどラストのシーンは衝撃でした。

かみちぃ(ジェラードン/お笑い芸人)

まず、皆さんの様々のシーンに感無量です。ぼくの個人的な意見ですけど志尊さん演じる三角みたいな人は今の世の中でもいっぱいいると思います。気付いてるけど、自分じゃ動かない。そうしたら動かしてくる人物が出てきて世界が変わる。そして新たな自分になっていく。ミステリー要素はもちろん、楽しいですし、ワクワクします!僕は人生というか人の性が出てる映画だなと思いました。勝手なこと言ってすみません。

海野裕二(ジェラードン/お笑い芸人)

三角は過去に自分のとった行動を後悔していたけど冷川に出会い一緒に除霊の手伝いをしていく中で冷川の過去を知っていき、後ろ向きな性格だったが最後は勇気を出して突入して行く所はとても見応えがあるシーンでした!最後まで何があるかわからない感じがわくわくする!どのシーンを切り取っても映像の色合いが綺麗で、暗いシーンでも綺麗な赤が使われてたり街の人がみんな黒い服を着てたり演出がオシャレなのも見所の一つだと思いました!アタック!!

アタック西本(ジェラードン/お笑い芸人)

ド迫力シーン満載で魅入っちゃいました。
ただ「この後寝れるかなあ」とも思いました。
面白いですし怖いです。心してかかってください。

福井俊太郎(GAG/お笑い芸人)

マジお洒落怖かったです!
僕の好きな黒色の服を着てる人がたくさん出てきたので、着こなしの参考にもなりました!
あと食に興味のないガリガリの僕が見終わった後、焼き肉食べたくなりました!

坂本純一(GAG/お笑い芸人)

この現実世界のどこかで起きているかもしれない不思議で恐ろしい世界…
とりあえず街中で眼鏡取るのは当分やめときます。

宮戸洋行(GAG/お笑い芸人)

独特の世界観で、冒頭から引き込まれた。ストーリーが難解だけど、演者の演技が素晴らしく先の展開が気になり最後まで集中して見れた。好き嫌いが分かれそうな作品だがそこが良いとこなんだと思う。

サンシャイン池崎(お笑い芸人)

独特な世界観に引き込まれましたし、時系列が行き来するところが全く飽ず楽しめた作品でした!
豪華キャスティング過ぎて話題性ももちろんありますが、それを裏切らない内容でした!

池田レイラ(完熟フレッシュ/お笑い芸人)

ハラハラドキドキの展開から衝撃のラストシーン!
最初から最後までスクリーンから目が離せなくなる事間違いなし!
何度も繰り返して観たくなる作品でした。

皆さん映画館で刮目せよ!

池田57CRAZY(完熟フレッシュ/お笑い芸人)

娘と行く約束した映画。楽しみです!

青木さやか(タレント/女優)

※順不同、敬称略